登録について

当協会による著作権登録制度について

当協会は、当協会独自の著作権登録制度を設けています。
これは当協会が私的に設けた制度であり、文化庁等が行う法律上の著作権登録制度とは別のものです。ここでは、当協会の著作権登録制度についてご説明いたします。

1.制度の目的

当協会がこのような登録制度を設けたのは、美術人形類及びその付属品(以下、日本人形等という)が著作権による保護の対象となる著作物であることを世間に広く知らしめることで、日本人形の創作者の権利を保護し、ひいては日本人形という日本の伝統文化を保護するためです。

法律上、日本人形の権利は主として著作権によって保護されますが、著作権は、特許権等の産業財産権と異なり権利取得のための登録制度が存在しておらず、「著作物」を創作することにより自動的に発生いたします。しかし、その人形が著作物である(=著作権がある)かどうかは、裁判所の判決を経なければ分からないため、いかなる人形・甲胃が「著作物」として法律上保護されるかどうかは簡単には判断できず(例えば、過去の作品の忠実な複製物や、少し変更を加えただけのものを制作したとしても、それは新たな著作物とはいえません。)、また、公的な登録制度のように、「著作権で保護される」ということを示す公的なお墨付きを与える制度も存在しません。その結果、日本人形については、著作権を行使して権利保護を図るということがしにくい実情となっています。

そこで、当協会による「登録」という制度を設けることにより、日本人形の専門家の団体である当協会がお墨付きを与えて、創作者にとっては権利行使をしやすい状況を整え、他方、創作者以外の者に対しては、既存の日本人形の権利を侵害しないように注意を促すこととしています。

2.登録の種類と手続

当協会の登録制度には、「甲登録」と「乙登録」という2種類の登録制度があります。なお、登録制度の詳細については、当協会にお問い合わせ下さい。

(1)甲登録

甲登録とは、当協会に甲登録申請があった作品のうち、当協会による審査の結果、著作物である(著作権が生じている)と当協会が判断した作品に認められる登録です。

前述のとおり、ある日本人形が著作物であるかどうかの最終判断は、裁判所による判決でしかできませんが、それでは日本人形の保護としては不十分であるため、当協会が審査して、著作権として認めるべき高い創作性を有する日本人形については、甲登録とすることで著作権の行使をしやすくするというのが、甲登録の目的です。

登録の審査は、日本人形の専門家や著作権法の専門家によって構成される審査委員会が行います。甲登録が認められた作品については、当協会のホームページに掲載し、登録証を発行します。また、希望者には、著作権登録認定証及び認定シールを発行いたします。

(2)乙登録

乙登録とは、当協会に乙登録申請があった作品のうち、申請の形式的要件を満たした作品に認められる登録です。

乙登録は、甲登録とは異なり、著作権か否かの審査はいたしませんので、乙登録されたとしても、当協会が当該作品を著作物であると認めたことにはなりません。ただ、甲登録の申請や審査には手間がかかる一方、新たに作品を創作した会員の権利を保護するという要請も満たす必要があることから、甲登録よりも簡易な手続の制度として、乙登録制度を設けています。

登録申請書