日本人形著作権協会とは

昨今、我が人形業界においても、盗作、模倣が当たり前のように行われ、目に余るものとなっていることはご承知のことと思います。この結果、粗製乱造、価格下落等の諸問題を引き起こし、多くの善良な人形制作者の創作意欲の減退となり業界の健全な発展の阻害となって現れているのが現状です。

この状態が永く続くようですと、人形の制作者及びその後継者が育たないばかりか、この日本のすばらしい人形伝統文化の継承も危ぶまれかねません。

当協会は、この業界の秩序を再度取り戻し、真に作る者の権利を守り、擁護することを目的に平成17年に設立いたしました。

今後の活動といたしましては、会員相互の連絡を密にし、協力していく事により、人形制作者の権利の確保、諸問題を解決し、更なる業界の発展に寄与していく事を考えて居ります。

平成24年11月には、一般社団法人日本人形著作権協会と、組織を改編し現在に至っています。

皆様方のご理解とご協力を切にお願い申し上げます。